痩せすぎならでわのお洋服選び

痩せすぎならでわのお洋服選びや周りからの

見られ方の悩みについて書いています。

 

 

 

わたしは、子供の頃から太りにくい体質で、

いわゆるガリガリです。

 

 

そのため、周りからは

「たくさん食べても太らなくて羨ましい」

「細くていいね」などと言われることが多いです。

 

 

しかし、わたしは痩せすぎの理由が胃下垂なので、

お腹はぽっこりとでていて、アンバランスな体系なので、

その点はコンプレックスに感じています。

 

 

また、痩せすぎていると、なかなか似合う服がなくて、

可愛いワンピースだなと思っても、ベルトなどをして

腰をしめないと棒のようなストーンとしたシルエットに

なってしまうのも、悩みです。

 

 

また、フリーサイズのお洋服だと、ウエストが

ぶかぶかだったり、手首周りのサイズ感が

合わなくて購入できないのも辛いところです。

 

 

もっとも辛いことと言えば、周りから太らなくていいね

等言われたり、食べているのにもっと食べろ食べろと

言われてしまうことです。

 

 

それなりの量は食べているので、もうお腹が

いっぱいになっているのに、飲み会で会社の人などに、

痩せちゃうから食べな!と言われるのは

痩せすぎの人ならではの辛さだと思います。

 

 

痩せ過ぎてしまい点滴を受けたことがあります

私は過去にダイエットのやりすぎで、かなり

痩せ過ぎてしまったことがあります。

 

 

痩せてゆくのが嬉しすぎて止めるタイミングが

わからなくなってしまったせいで、体重の数値も

見た目もガリガリになってしまいました。

 

 

痩せたことは嬉しいことなのではないかと

思う方もいると思います。

 

 

私も当時はそう思っていました。

 

 

しかしながら、一度体調を崩してからは

どんどん身体が壊れてしまい、内科で点滴を

何度も受けることになったのです。

 

 

そこからは自分の考え方を根本的に変えるために

頑張りました。

 

 

ただガリガリなだけではなく、健康的でなければ

意味がないと考えるようにしてゆきました。

 

 

お尻のお肉もほとんどなくなってしまい、

座っているだけで強い痛みを感じるように

なった等、大変なことが多かったです。

 

 

周りの友達や知り合いにも会う度に

心配されていて、申し訳ない思いばかり

感じていました。

 

 

もしも今後の人生でダイエットをするにしても、

適度にしておこうと考えています。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です