筋肉ない!体力ない!

筋肉ない!体力ない!と

感じる事があります。

 

 

 

わたしが痩せっぽっちだった頃のお話。

 

 

今は筋肉もついて、何をするにも楽に

なりましたが、以前は痩せっぽっちで

何をするにも疲れを感じる日々でした。

 

 

小さい頃から病弱で運動が苦手だったわたしは、

走れば遅く、球技では当たり負ける子どもとでした。

 

 

遠足もプールも体力がなく疲れてしまうのです。

 

 

今思えば、病弱でも筋トレだけはしておけば

良かったと思います。

 

 

静聴したわたしは、サービス業に就職しました。

 

 

 

ガソリンスタンドは接客だけが仕事ではなく、

作業のある仕事です。

 

 

 

作業は男性社員がメインでやってくれるので、

最初はあまり苦労はしませんでした。

 

 

しかし中堅になると、後輩ができて

ティーチングをしなければなりません。

 

 

オイルやタイヤの交換は、体力を使います。

 

 

それでも疲れを我慢して教えるので、

それなりの筋力がついてきました。

 

 

筋肉がつくと、作業をしても疲れにくくなりました。

 

 

 

この時、初めて筋肉の有りがたさを知りました。

 

 

今では筋肉が落ちにくいしっかりした体になって、

服のサイズも7号から11号になりました。

 

 

筋肉は重いので体重は増えましたが、見た目は

スレンダーを保っています。

 

 

 

筋肉がついて良かったことは、

体力が付いただけでなく、貧相感が

無くなったことです。

 

 

 

こんなことなら、幼い頃から筋トレだけは

やっておいて損はなかったなあとおもいます。

 

 

 

いくら痩せていてもサルコペニア肥満など、

筋肉量が少ないことで、体力がなくなることも

あります。

 

 

 

痩せすぎていることはよいことではありません。

 

 

 

痩せていることと、痩せすぎていることは、

別々に考えなければなりません。

 

 

痩せすぎから普通の体重になるまで

痩せすぎだなと思った事があります。

 

 

 

私は25歳で出産したのですが子供が1歳半まで

母乳をあげていました。

 

 

 

出産直後から普段の理想体重より10キロほど

痩せました。

 

 

 

子育てが初めてでみるみる体重が

落ちていったのです。

 

 

 

初めは嬉しかったのですが周りにとても

心配されました。

 

 

 

母乳のせいでおっぱいはDカップの

巨乳なのに身体は細いので私自身は

気に入ってたんですが。

 

 

体重46キロ、身長163センチです。

 

 

しかし1つ困った事は痩せすぎで座ると

お尻が痛かったですね。

 

 

 

脂肪のクッションが無いので骨に当たり

長時間座るのが痛かったです。

 

 

 

そして知り合いに会う度に子育てで

苦労していると思われていたようです。

 

 

本人は痩せて身軽になり喜んでいたんですが。

 

 

あの頃は若さもあり、ダイエットしなくても

基礎代謝が良いので何もしなくてもどんどん

痩せれました。

 

 

 

現在は40代になり体重56キロです。

 

 

 

中肉中背の標準体重ですが、美容体重を

目指すならあと10キロは痩せなくてはなりません。

 

 

 

痩せすぎが懐かしいです。今ならどんな

ダイエットをしても簡単には痩せることなんて

できないのに、あの頃が痩せやすい条件に

ぴったり合っていたんですね。

 

 

痩せすぎは一つの価値観ですね

私の義理の家族はみんな痩せすぎです。
そして、私の夫も同じく痩せすぎでした。

 

 

そして、義理の家族はみんな痩せすぎは良い、

という価値観を持っているのです。

 

 

 

確かに、太っていることよりも痩せすぎの方が、

身体が軽くて、洋服も着こなせますから、

良いという価値観がありますね。

 

 

モデルはもちろん身長が高いですが、

痩せていることには高い価値観が持たれています。

 

 

 

痩せすぎにも、太りすぎにも、

もちろん限度があると思います。

 

 

それはやはり、健康がどうか、

の視点からです。

 

 

健康であればどちらでもその人の

個性となるとは思います。

 

 

 

さて、痩せすぎの価値観ということで

書き始めたのですが…。

 

 

私の義理の家族はみんな痩せすぎです。

 

 

ですから、私がどちらかというと太っているので、

そんな嫁が入ってきて、価値観と外れているわけです。

 

 

私から見ると、痩せすぎている義理の母は、

だんだんと中年から高齢になってきても脚が

とっても細いのです。

 

 

ですからいつまでも、薄いストッキングに

ヒールで脚を強調したファッションをしています。

 

 

これを女っぽいとしているからです。

 

 

 

もちろん、それは男性視点からみてもあるでしょう。
セクシーという視点ですね。

 

 

 

ただ、ここからはその本人のセンスや

生き方が反映されてくると思います。

 

 

 

ただ痩せすぎていて、細い脚を露出している、

ということでは美しいとは限りません。

 

 

全体的なファッションセンスと、ヘアスタイルや

化粧法、そしてTPOに合っているか、という

トータルコーディネートがあってこそ、痩せすぎの

ファッションが美しく見えてくるものです。

 

 

 

私はそこまで痩せすぎてはいませんが、

この年相応のファッションセンスというところでは、

意識が高いと思います。

 

 

痩せすぎの人は、わきまえたファッションを

しないと、年齢があがるにつれ、貧相に

見えてしまいますから要注意と思います。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です