痩せすぎならでわのお洋服選び

痩せすぎならでわのお洋服選びや周りからの

見られ方の悩みについて書いています。

 

 

 

わたしは、子供の頃から太りにくい体質で、

いわゆるガリガリです。

 

 

そのため、周りからは

「たくさん食べても太らなくて羨ましい」

「細くていいね」などと言われることが多いです。

 

 

しかし、わたしは痩せすぎの理由が胃下垂なので、

お腹はぽっこりとでていて、アンバランスな体系なので、

その点はコンプレックスに感じています。

 

 

また、痩せすぎていると、なかなか似合う服がなくて、

可愛いワンピースだなと思っても、ベルトなどをして

腰をしめないと棒のようなストーンとしたシルエットに

なってしまうのも、悩みです。

 

 

また、フリーサイズのお洋服だと、ウエストが

ぶかぶかだったり、手首周りのサイズ感が

合わなくて購入できないのも辛いところです。

 

 

もっとも辛いことと言えば、周りから太らなくていいね

等言われたり、食べているのにもっと食べろ食べろと

言われてしまうことです。

 

 

それなりの量は食べているので、もうお腹が

いっぱいになっているのに、飲み会で会社の人などに、

痩せちゃうから食べな!と言われるのは

痩せすぎの人ならではの辛さだと思います。

 

 

痩せ過ぎてしまい点滴を受けたことがあります

私は過去にダイエットのやりすぎで、かなり

痩せ過ぎてしまったことがあります。

 

 

痩せてゆくのが嬉しすぎて止めるタイミングが

わからなくなってしまったせいで、体重の数値も

見た目もガリガリになってしまいました。

 

 

痩せたことは嬉しいことなのではないかと

思う方もいると思います。

 

 

私も当時はそう思っていました。

 

 

しかしながら、一度体調を崩してからは

どんどん身体が壊れてしまい、内科で点滴を

何度も受けることになったのです。

 

 

そこからは自分の考え方を根本的に変えるために

頑張りました。

 

 

ただガリガリなだけではなく、健康的でなければ

意味がないと考えるようにしてゆきました。

 

 

お尻のお肉もほとんどなくなってしまい、

座っているだけで強い痛みを感じるように

なった等、大変なことが多かったです。

 

 

周りの友達や知り合いにも会う度に

心配されていて、申し訳ない思いばかり

感じていました。

 

 

もしも今後の人生でダイエットをするにしても、

適度にしておこうと考えています。

 

 

 

ダイエットではなくデブエットをしました

ダイエットではなくデブエットをしました・・・

そんな時のお話です。

 

 

 

痩せすぎてよかったことは幅の狭い場所を

通れることと、何かと「細いね〜」と女性たちに

羨ましがられることです。

 

 

 

メリットはそれぐらいで、あとはほとんど

デメリットばかり。

 

 

 

というよりも痩せすぎに対して私はかなり

コンプレックスを抱いていました。

 

 

 

人並み以下に痩せていたので、体は貧弱に

見えるし、何より風邪を引きやすかったです。

 

 

 

体調が優れない日がたびたびあったので、

これは確実に痩せすぎが原因だと思っていました。

 

 

 

現に健康診断では痩せすぎで「C」を

もらったこともありました。

 

 

そんな私でしたが、太ろうと決心し

デブエットに挑戦したことがあります。

 

 

まず太るには食事量を増やす必要がありました。

 

 

一日の消費カロリー<摂取カロリーに

なるように、今までの食事量を1.5倍増やしました。

 

 

次に取り組んだのが筋トレです。

 

 

マッチョになるため、ではありません。

 

 

食事量を増やしただけではただぶよぶよに

太ってしまうので、適度な運動を

加えることにしたのです。

 

 

結果、体重は少しずつ増えていき風邪も

あまりひかなくなりました。体重は

増えたのですが、筋トレのおかげで

体脂肪率は1桁台をキープ中。

 

 

かなり調子がいいですね♪

 

 

薬のおかげで痩せすぎから抜け出せた

精神的に弱っていた頃は痩せすぎましたよ。

 

 

子供が心配して、ママこれ以上痩せたら

ダメだからね!とメールを送ってくれるように

なったのです。

 

 

少しでも食べ物が喉を通ると

子供にそれを報告しました。

 

 

メールで報告するとすごく喜んでくれ、

そのメールを見て、もう少し食べられるかも・・・と

少しずつ食べられるようになっていったのです。

 

 

私は起きてしまったことをいつまでも

後悔したりあのときああしていればと

悔やむタイプ。

 

 

子供は楽天的でからっとした性格なのですが、

私が痩せすぎているときは毎日心配してくれました。

 

 

それからしばらくして病院で診てもらい

精神安定剤を出してもらうことになりました。

 

 

食べられない眠れない状態は危険だからです。

 

 

精神安定剤といっても軽い薬で飲んでいるうちに

かなりラクになりましたよ。

 

 

それからだんだん以前のように食べられる

ようになりましたが、あのとき薬を

飲まなかったら私は今でも痩せすぎで

ふらふらしていたかもしれません。

 

 

痩せ過ぎって老けてみえますよね

私は、父親も母親も痩せ型の、

痩せのサラブレットです。

 

10代20代の頃は「細くて羨ましい」と言われ、

不摂生をしても太らない体質を良く思っていました。

 

しかし、30代に入ってから「また痩せた」

「なんか疲れてる?」などと言われることが

多くなり、痩せ型であることが気になり

はじめました。

 

 

特に、顔のシワ、目の上の窪みなどがだんだんと

目立つようになってきて、少しぽっちゃりめでも、

顔にハリがある同年代の友人を見ると

羨ましくなるようになりました。

 

 

また、もうすぐ70歳になる母を見ていても、

鶏ガラのようで、なんだか頼りなく、

かわいそうに見えます。

 

 

一方、ぽっちゃり系のおばあちゃんを見ると、

実際はそうでなくても、人生明るく楽しそうに

見えます。

 

母とは顔の作りや体型などもそっくりなため、

鶏ガラ系、頼りなげなおばあちゃんが私の

予想未来図かと思うと、少しかなしくなります。

 

 

なので、歳を重ねるに連れて、少しづつ

ぽっちゃり体型に持っていこうと

思っています。

 

 

でも、今まで「太ろう」と考えたことがないので、

それが果たして上手くいくのかどうかは

まだわかりません。

 

 

ある痩せ体型の人が、「太りたくても太れない」

「食べても食べても太れない」と言っていたのを

思い返すと、ある種の体質の人には、太ることは

難しいことなのかもしれませんね。私がそうではない

といいのですが。

 

 

 

 

 

筋肉ない!体力ない!

筋肉ない!体力ない!と

感じる事があります。

 

 

 

わたしが痩せっぽっちだった頃のお話。

 

 

今は筋肉もついて、何をするにも楽に

なりましたが、以前は痩せっぽっちで

何をするにも疲れを感じる日々でした。

 

 

小さい頃から病弱で運動が苦手だったわたしは、

走れば遅く、球技では当たり負ける子どもとでした。

 

 

遠足もプールも体力がなく疲れてしまうのです。

 

 

今思えば、病弱でも筋トレだけはしておけば

良かったと思います。

 

 

静聴したわたしは、サービス業に就職しました。

 

 

 

ガソリンスタンドは接客だけが仕事ではなく、

作業のある仕事です。

 

 

 

作業は男性社員がメインでやってくれるので、

最初はあまり苦労はしませんでした。

 

 

しかし中堅になると、後輩ができて

ティーチングをしなければなりません。

 

 

オイルやタイヤの交換は、体力を使います。

 

 

それでも疲れを我慢して教えるので、

それなりの筋力がついてきました。

 

 

筋肉がつくと、作業をしても疲れにくくなりました。

 

 

 

この時、初めて筋肉の有りがたさを知りました。

 

 

今では筋肉が落ちにくいしっかりした体になって、

服のサイズも7号から11号になりました。

 

 

筋肉は重いので体重は増えましたが、見た目は

スレンダーを保っています。

 

 

 

筋肉がついて良かったことは、

体力が付いただけでなく、貧相感が

無くなったことです。

 

 

 

こんなことなら、幼い頃から筋トレだけは

やっておいて損はなかったなあとおもいます。

 

 

 

いくら痩せていてもサルコペニア肥満など、

筋肉量が少ないことで、体力がなくなることも

あります。

 

 

 

痩せすぎていることはよいことではありません。

 

 

 

痩せていることと、痩せすぎていることは、

別々に考えなければなりません。

 

 

痩せすぎから普通の体重になるまで

痩せすぎだなと思った事があります。

 

 

 

私は25歳で出産したのですが子供が1歳半まで

母乳をあげていました。

 

 

 

出産直後から普段の理想体重より10キロほど

痩せました。

 

 

 

子育てが初めてでみるみる体重が

落ちていったのです。

 

 

 

初めは嬉しかったのですが周りにとても

心配されました。

 

 

 

母乳のせいでおっぱいはDカップの

巨乳なのに身体は細いので私自身は

気に入ってたんですが。

 

 

体重46キロ、身長163センチです。

 

 

しかし1つ困った事は痩せすぎで座ると

お尻が痛かったですね。

 

 

 

脂肪のクッションが無いので骨に当たり

長時間座るのが痛かったです。

 

 

 

そして知り合いに会う度に子育てで

苦労していると思われていたようです。

 

 

本人は痩せて身軽になり喜んでいたんですが。

 

 

あの頃は若さもあり、ダイエットしなくても

基礎代謝が良いので何もしなくてもどんどん

痩せれました。

 

 

 

現在は40代になり体重56キロです。

 

 

 

中肉中背の標準体重ですが、美容体重を

目指すならあと10キロは痩せなくてはなりません。

 

 

 

痩せすぎが懐かしいです。今ならどんな

ダイエットをしても簡単には痩せることなんて

できないのに、あの頃が痩せやすい条件に

ぴったり合っていたんですね。

 

 

痩せすぎは一つの価値観ですね

私の義理の家族はみんな痩せすぎです。
そして、私の夫も同じく痩せすぎでした。

 

 

そして、義理の家族はみんな痩せすぎは良い、

という価値観を持っているのです。

 

 

 

確かに、太っていることよりも痩せすぎの方が、

身体が軽くて、洋服も着こなせますから、

良いという価値観がありますね。

 

 

モデルはもちろん身長が高いですが、

痩せていることには高い価値観が持たれています。

 

 

 

痩せすぎにも、太りすぎにも、

もちろん限度があると思います。

 

 

それはやはり、健康がどうか、

の視点からです。

 

 

健康であればどちらでもその人の

個性となるとは思います。

 

 

 

さて、痩せすぎの価値観ということで

書き始めたのですが…。

 

 

私の義理の家族はみんな痩せすぎです。

 

 

ですから、私がどちらかというと太っているので、

そんな嫁が入ってきて、価値観と外れているわけです。

 

 

私から見ると、痩せすぎている義理の母は、

だんだんと中年から高齢になってきても脚が

とっても細いのです。

 

 

ですからいつまでも、薄いストッキングに

ヒールで脚を強調したファッションをしています。

 

 

これを女っぽいとしているからです。

 

 

 

もちろん、それは男性視点からみてもあるでしょう。
セクシーという視点ですね。

 

 

 

ただ、ここからはその本人のセンスや

生き方が反映されてくると思います。

 

 

 

ただ痩せすぎていて、細い脚を露出している、

ということでは美しいとは限りません。

 

 

全体的なファッションセンスと、ヘアスタイルや

化粧法、そしてTPOに合っているか、という

トータルコーディネートがあってこそ、痩せすぎの

ファッションが美しく見えてくるものです。

 

 

 

私はそこまで痩せすぎてはいませんが、

この年相応のファッションセンスというところでは、

意識が高いと思います。

 

 

痩せすぎの人は、わきまえたファッションを

しないと、年齢があがるにつれ、貧相に

見えてしまいますから要注意と思います。

 

 

 

 

痩せすぎの状態は不健康だから

痩せすぎの状態は不健康だから

今すぐ改善するべきただと思います。

 

 

 

痩せすぎると病気になりやすくなります。

 

 

 

特にこれから寒くなってくると風邪を

引きやすくなるので気をつけなくては

いけませんね。

 

 

 

そしてインフルエンザにもかかりやすくなり、

痩せすぎた状態だと病気の治りが遅くなるので

やっぱり痩せすぎはよくないですね。

 

 

 

ちょっと痩せているくらいだったらいいですが

健康的ではない痩せかたをしていると見た目で

分かります。

 

 

 

見た感じが明らかに痩せすぎの状態で

おかしいんですね・・・。

 

 

 

背骨が浮き出ていたり首が筋張っていたり・・・

それから指や手首にほとんど肉がついていない

状態になると危険だと思います。

 

 

 

病気で痩せすぎの状態になってしまったのなら

それは仕方が無いでしょう。

 

 

通院治療をするとか時には入院が必要に

なるかもしれませんが早く痩せすぎの

状態から抜け出すことです。

 

 

 

女性は痩せすぎた状態では美しくないですね。

 

 

 

男性は痩せすぎた状態の女性を守ってあげたいと

思うのではなく怖いとかかわいそうと思うものですよ。

 

 

痩せすぎは頑張りすぎた結果かも

痩せすぎは身体にとって毒です。

 

 

 

スポーツクラブでたまに痩せすぎの女性を

目にしますが、あばら骨や背骨が浮き出ている身体は

美しいとはいえません。

 

 

 

それこそ何かの病気じゃないかと心配になります。

 

 

 

こういう私もたまに痩せすぎの状態に

なるんですけどね・・・。

 

 

 

だからこそ痩せすぎの女性を見ると他人事とは

思えなくてあれこれ心配になってしまうのです。

 

 

 

私が痩せすぎの状態になるときは

「食べられない眠れない」という最悪な

状態が続いたときです。

 

 

 

当たり前のことができなくなるのが何よりも

辛いですよ・・・。

 

 

 

家事や子育てが普通にできなくて、洗い物が

溜っていてもそれに手を着けられないときは

自分を責めます。

 

 

 

料理を作るのもやっとという状態もあるため

赤の他人でも痩せすぎている人を見ると

心配でたまりません。

 

 

 

痩せすぎというのは頑張りすぎた結果

なのかもしれませんね・・・。

 

 

 

娘は私が痩せすぎたら必ず

「今日は仕事をしないで早く休もうね!」って

言ってくれます。

 

 

痩せすぎの人には不満が多いんです

痩せすぎていて良かったと感じたことは一度も

ないですね・・・。

 

 

 

痩せすぎなんてみっともないと思うし、

第一きれいでもなければ健康的でもありません。

 

 

 

スーパー銭湯やスポーツクラブに行くとたまに

痩せすぎの人を見ますが多くは若い女性です。

 

 

 

痩せすぎているのにコレでもまだ足りないと

ばかりにサウナに繰り返し入ったり入浴で

汗を出しています。

 

 

 

スポーツクラブでは痩せすぎている人ほど

身体を大きく動かしている傾向があります。

 

 

 

もっと汗をかいてもっと痩せたい!と言うので、

十分痩せているよ!と言うのですが、まだ

お尻が大きい!とか、まだ足が太い!とか

自分の身体の不満を並べてきます。

 

 

 

こうなってしまうと何を言ってもムダなんですね。

自分自身で気づくしかないんです。

 

 

 

私は大好きな人が亡くなったとき激やせしました。

 

 

 

どうしても食べられなくて激やせしてしまったのですが、

元の身体に戻るまでの間はスポーツもやめてましたし

スーパー銭湯も行きませんでしたよ。

 

 

 

 

痩せすぎは、モテない?!

痩せすぎは、モテないと

思っているのです。

 

 

 

女性なら一年中「痩せたい!」と

思いながら過ごしている方は多いのでは

ないでしょうか。

 

 

口に入れるものは、常にカロリー計算し、

食べたいものも我慢我慢…
特に、同性の視線を気にしすぎる人ほど、

そう思う傾向が強うようです。

 

確かに、痩せている方が見栄えの良い洋服が多く、

ショーウインドーや雑誌、テレビなどで

目にする女性は、痩せている方が断然多いので、

仕方ないことかもしれません。

 

 

しかし、男性の目からは、少しふっくら

している方が女性らしく見えて、柔和な

印象も与えるので、実は好感度は高いようです。

 

また、痩せすぎると、筋肉量も減ってしまい、

水分不足になり、将来寝たきりになってしまう

確率も高くなります。

 

 

これからは、男性目線を意識した

「ふっくらさん」目指してみませんか?

 

 

確かに、太りすぎは、色々な病気を引き起こす

原因となることもあるので良くありませんが、

年齢を重ねるにつれ、ほどほどの体系を

目指す方が良いかもしれません。

 

余計な事を考えず、美味しそうに食事をする姿を

見ていると、こちらまで笑みがこぼれたりします。

 

あだ名は難民

私は、若い頃からダイエットとは

無縁のスリムボディでした。

 

サイズを気にして洋服を購入した経験もなく、

その事が密かな自慢だったりしました。

 

周りからは「細いねー」「スタイルイイねー」

「モデルみたーい」と褒められる事も

多く嬉しかった記憶しかありません。

 

しかし、ある時を境にストレスで

痩せる一方だった時期があります。

 

170センチ近い身長で体重が40キロ台になった時、

私のウエストは細くなり過ぎてしまいSサイズを

着る事も増え9号のスーツから7号になり5号に

なった時には危機感が募ってきました。

 

 

体型がメリハリのない棒みたいでひょろひょろと

したシルエットと折れそうな腕が自分でも

気持ち悪かったです。

 

職場でつけられたあだ名は「難民」でした。

 

痩せていて困った経験のなかった私ですが、

痩せすぎると疲れやすいのが悩みでした。

 

 

食事もあまり喉を通らず、小食になってからは

朝起きても元気が出ない事が増えてしまい、

最終的には職場で倒れました。

 

仕事を変えて健康的なストレスの少ない生活に

戻ると体重は戻ってきましたが、今は適度に

太るように気を付けながら生活するようになりました。

 

 

顔のシワ

痩せすぎて困ったことは顔のシワが

増えてしまったことです。

 

 

昔は顔も体もパンパンでした。

 

 

しかし出産を機にどんどん体重が

減っていきました。

 

 

授乳の影響が大きいと思うのですが、

瞬く間に体重は減り続けました。

 

 

気がつくと中学時代の体重くらいまで

減少していきました。

 

 

それは嬉しいことでした。

 

 

しかし今まで太っていたのが急に痩せて

しまったためしぼんだ風船のように顔に

シワやまぶたの窪みなどが目立つように

なりました。

 

 

きたい服が着れるようになりスタイルに

関しては申し分ないのですが、そのぶん顔が

老けてしまったように思います。

 

 

食べても食べても授乳の影響でなかなか体重が

増えません。

 

 

授乳をやめればおそらく元の体重には

戻るのではないかと思っています。

 

 

だからと言って今すぐ授乳を止めるわけには

いきません。

 

 

子供のためにも今は自分の顔のシワやまぶたの

窪みを機にするのを止めるしかないなと

思います。

 

 

時がくれば自然に体重は戻ることでしょう。

 

 

 

 

 

食べること寝ることを中心に考えて

食べること寝ることを中心に考えて

いる必要があります。

 

 

太りたいなら三食食べてたっぷり眠ることですね・・・

これができればちゃんと体重が増えるはずです。

 

 

それからムリなことはしないで楽に

生活するのがおすすめ。

 

 

ムリな運動やムリな仕事は辞めた方が

いいでしょう。

 

 

ムリなことをするとストレスが溜り食欲旺盛に

なる人もいますが反対に食欲がなくなってしまう人も

います。

 

 

食事が喉を通らず、それどころか眠ろうと

思っても眠れない、朝まで一睡もできないなんて

人もいます。

 

 

眠れたと思ったら目が覚めそれから眠れないとか、

夢ばかり見て眠った感じがしないなんてストレスを

抱えている人もいます。

 

 

私も一時期眠りが浅く色つきの夢ばかり見るときが

ありました。

 

 

その頃は大きな悩みがあり三食食べられなかったため

痩せすぎ状態でしたよ。

 

 

問題が解決してから嘘のように食べられるし

眠れるようになり夢を見てばかりという状態から

抜け出しました。

 

 

問題があればそれを解決し、解決できなくても

食べて寝ることを中心に考えると良いですよ。

 

 

心の健康を大切にして

女性として魅力的でいたかったら

痩せすぎはいけません。

 

 

痩せすぎのため仕事ができなくなったり

寿命が短くなるなどの話を聞くと怖くなります。

 

 

たとえ身体を見せることや服を美しく

着こなすことが仕事でも痩せすぎ状態は

ダメなんですよね。

 

 

心の状態が健康なら痩せすぎる心配は

無いはずです。

 

 

痩せすぎていることに気づかず、または

それに気づいていても痩せることを

止められないのは心の病気なのです。

 

 

心が弱っていたり病んでいると食べることを

拒否するから身体まで病気になります。

 

 

昔、私も痩せすぎていた時期が

少しだけありました。

 

 

165センチの身長に対して体重が43キロ。

 

 

これでは痩せている状態ではなく

痩せすぎた状態です。

 

 

その当時人に見られる仕事だったため

痩せかたが足りないと毎日ダイエットを

していました。

 

 

一日一食だけということも珍しくなく

本当に不健康な状態でした。

 

 

結婚してから食生活が安定し、専業主婦に

なったので体重が増え今はちょっと

痩せている程度です。

 

痩せ過ぎると贅肉以外に体力や筋力も減る

 

痩せ過ぎると贅肉以外に体力や筋力も

減るということを実感しました

 

 

昨年の夏、8月にお腹を壊し病院へ行って

薬を処方しても下痢が止まらなかったりして、

一ヶ月で50kgあった体重が48kgまで減り、

更に夏の暑さで食欲が無くなり47kgまで

落ちたことがあります。

 

 

身長が158cmなので痩せ過ぎとまでは

いかないかもしれませんが、50kg以下に

なったことが無かった私にとっては

痩せすぎの状態で心身ともにダメージを

受けました。

 

 

まず、今までちょうど良かった洋服が

ブカブカになり、特にパンツ類がユルユルに

なってしまい手持ちの着れる洋服が

少なくなったことが困りました。

 

 

今まではLサイズをはいていたので、

急遽Mサイズを買うことになりました。

 

 

また、年齢的な影響もあったのか体力も

落ちていたので近くのスーパーへ歩いていくのも

やっとという感じで夏の暑さも重なり

辛かったですね。

 

 

お腹の調子は病院で処方されたドグマチールという

薬が効いて落ち着きましたが体重は中々

増えなかったので、一日にカロリーメイトを

主食やおやつ意外に二本食べたりして徐々に

体重を増やしていき10月半ばには49kgまで戻りました。

 

 

体重は戻っても筋力が落ちていたので暫くは

家事をしていても直に疲れたり骨が脆くなったのか

膝痛まで起きるようになり、以前の体力との違いを

痛切に感じました。

 

 

あれから一年経った今は、体重は50kg前後を

維持している状態ですが、体力は以前ほど

無いと感じています。体重が減って辛い経験をした私は、

太るということの難しさを味わい、痩せると

贅肉以外に体力や筋力も落ちるということを実感しました。

 

 

 

 

 

痩せすぎの箇所があること

痩せすぎの箇所があることとは

なにでしょうか?

 

 

腕は顔は結構ガリガリなのです。

 

 

いつも仕事でものすごい歩くので運動しに

行っているような状態です。

 

 

元からそれほど太る体質ではなかったのですが、

この仕事をするようになってから痩せているのが

維持できているような気がします。

 

腕も顔もガリガリなので痩せていると

見られがちなのですが、、ご飯などを食べて

お腹いっぱいなってしまうと胃下垂ということも

あってキューピーみたいな体になります。

 

 

そのような姿がちょっと悲しく感じます。

 

 

ですが朝になると不思議にお腹がぺったんこに

なっていることが多いです。

 

周りからは痩せていていいねっと言われることが

多いですけど顔や腕がガリガリな自分を見ると

辛く感じることがあります。

 

 

もうちょっと健康的な体つきになれば

いいなっと思っています。

 

歳を重ねていくとシワが増えてきてしまうのかなって

感じています。

 

 

もうちょっと健康的な体つきになって誰からも

何も言われないようになって見たいです。

 

健康的な体つきに憧れをずっと持っています。

 

痩せすぎでのメリットとデメリット

一般的には痩せたい!という思いの人が多いとは

思いますが、痩せている人としたら、それはそれで

良い面も悪い面も感じているのではないでしょうか?

 

 

程よい痩せの程度ならいいのですが、痩せすぎと

なってしまうと不健康にみられがちです。

 

 

私の場合、顔色も元々白いので、元気だとしても

それが全く伝わらないようです。

 

 

体力だってあるのですが、決してそうも思われません。

 

 

人並みもしくは、自分としては結構持久力も

あると思うのですが、恐らく周囲からはひ弱な

イメージがあるのだと思います。

 

 

快活で元気さが伝わらないというデメリットは

あるものの、良い面もあると感じています!

 

 

好きな物をカロリーを気にせず食べることが

出来たり、夜寝る前にスイーツやスナック菓子だって

平気でペロリとたいらげちゃいます。

 

 

それでも体重が増えていってしまうことはないので、

安心して夜のお菓子タイムを楽しんでいます。

 

 

好きな物をしっかりと食べられるので、

ストレスもありませんしね。

 

 

もう一つ痩せていて良かった点は、小柄でもあるので、

キッズサイズの服を着ることも出来るので、

大人サイズを買うよりも価格が安く買える点も、

私としては悪くないなと思ってるところです!

 

服飾費が安く済むのと、人からうらやましがられ心配される

私は昔から平均よりかなり痩せすぎていて、

太れません。

 

 

それでよかったことは、生活のためのお金が

人よりかからないことでしょうか。

 

 

食事量が少ないので、必然的に食費が

抑えられていますし、服も子供服が余裕で

入ってしまうレベルなので、安くて済んでいます。

 

 

あと、当然ですがダイエットに悩む友人のほうが

圧倒的に多いので、かなりうらやましがられます。

 

 

個人的にはいいことばかりじゃないんですが…。

 

 

加えて、あんまり食べていない子に見られるらしく、

しょっちゅうおごられています。

 

 

これは友人だけでなく上司や同僚、

先輩などいろいろな人から。

 

 

量があまり食べられないので、と遠慮するんですが、

だいたい「もっと食べて!太らないと!」と

心配されて食べさせられます。

 

 

しかもけっこう高級だったりいいものを…以前には

フレンチや寿司といった豪華なディナーを、

高級店でご馳走してもらいました。

 

 

これは痩せすぎならではの役得?かなぁと

思います!

 

 

ほかにも、職場では痩せすぎを心配されていて、

しょっちゅうおば様方から手作りの差し入れを

いただきます。

 

 

「作りすぎちゃったから~」と言われますが大量に。

 

 

それも食費削減に一役買っているような気が

しますね。

 

 

こう考えてみると意外と得することも多いかも。

 

 

 

激やせは辛いです

痩せすぎで良かったことなどありません。

 

 

私はたまに体重が減りすぎるのですが、

ふらふらになるし入浴も短時間しか

できなくなります。

 

 

運動もできなくなるので痩せすぎるのは

良くないと思いますし、痩せないように

気をつけることが多いですよ。

 

 

メンタルが弱いので落ち込むと食欲が

ピタッとなくなります。

 

 

考え事が深刻だと朝昼晩食欲がなくなったままで

飲み物だけということも・・・。

 

 

これじゃ身体を壊すと分かっていても

どうしても食べる気にならないのです。

 

 

こういうときプラス思考の人なら悩みがあっても

食べられるのでしょうね・・・。

 

 

私は深刻な悩みがあると簡単に相談できないし、

相談したことでもっと精神的負担が増すことも

あるので激やせします。

 

 

食べれば元の体重に戻れるのは分かっていても

お腹が空かないし、ムリに食べようとすれば

気持ちが悪くなります。

 

 

激やせして自分のこともできなくなる前に

病院へ行き薬を出してもらうこともしばしば。

 

 

激やせは本当に辛いです。

 

 

痩せすぎの女性は自分を客観視できない

痩せすぎた状態は病気なのかなと

心配されることがあるのでできれば

健康的な痩せかたを目指すことですね。

 

 

痩せられたら何でもいい・・・とにかく

少しでも痩せられたらやつれて見えようが

どう見えようが関係ない・・・というならそれは自由。

 

 

だけど女性がダイエットするのはきれいに

なりたいからでしょう。

 

 

今の状態に不満があり少しでもきれいに

なりたいからダイエットをするんだと思います。

 

 

だから痩せてきれいにならないのは

本末転倒というか努力が水の泡といっても

過言ではないのです。

 

 

痩せすぎた状態の女性を何人も見たことが

あります。

 

 

初めて痩せすぎの女性を見たのは職場。

 

 

足が棒のようになっていて筋肉がどこに

あるのか分からない足は、骨の上に皮がある

状態できれいとはほど遠いものでした。

 

 

棒のような細すぎる足になるくらいなら

まだぽっちゃりしていたほうが魅力的だと

その時強く思ったものです。

 

 

痩せすぎの女性は自分を客観視できないので

それも問題なんです。

 

 

服装と服選びが大変

服の悩みが多くて困っています。

 

痩せすぎで周りから心配されたり引かれたりする

ことがあるので、いつも体型を隠すような

服装をしています。

 

 

冬は重ね着できるので、そんなに気に

しないのですが、夏の服装には困ります。

 

 

手首、足首当たりがガリガリで隠したいので、

上は薄手の長袖カーディガンをはおり、

下はロングパンツを履いています。

 

 

足元はサンダルやミュールだと足首がで

てしまうので、靴下とスニーカーです。

 

 

本当は、暑がりなのでもっと涼しい服装に

したいのですが、他人の目を気にしてしまい

我慢しています。

 

また、胸をおしりもぺったんこなので、

着る服が限られてきます。

 

女性用のトップスは首回りが広いので、

屈むと胸が丸見えになってしまいます。

 

 

かわいいなと思った服でも、首回りが広いと

諦めて、なるべく首が詰まっているものや

シャツを選ぶようにしています。

 

 

デニムパンツも最近はピタっとしているものが

多いのですが、それだと余計に細く見えて

気持ち悪くなってしまうので履くことができません。

 

 

ゆったりと余裕のあるデザインのものがあっても、

おしりの部分の生地が余ってブカブカで

恰好悪くなってしまいます。

 

 

痩せすぎていると合う服がなかなか

見つけられないので本当に大変です。

 

 

 

 

 

適正体重だと思っていたけど痩せすぎだった

適正体重って自分が思っている体重より多いことが

ほとんどみたいですね・・・。

 

 

最近適正体重について考えるようになったのですが、

私は学生時代からずっと痩せすぎなんだと分かりました。

 

 

気にしていなかったので周りがダイエットしていると

一緒になってダイエットしていましたがこれも悪かったのです。

 

 

女性っていつも頭のどこかで「痩せなくっちゃ」と

思っていませんか?

 

 

周りに美意識が高い女性が多いのでどうしても

「太っちゃダメだ」「痩せてなきゃダメなんだ」と

考えてしまって・・・。

 

 

それがクセのようになってしまい自分が

痩せすぎていることに気づかなかったのです。

 

 

痩せすぎ状態に気づいたのは何かの病気で

病院へ通っていたとき。

 

 

その時初めて私が頑張って保っていた体重は

痩せすぎの部類に入るんだと知ったのです。

 

 

女性はちょっとぽっちゃりしていたほうが

魅力的と言われるけれど本当にそうですね。

 

 

特に年齢を重ねてから痩せすぎの状態だと

貧相に見えて損します。

 

 

痩せすぎている人の太るための方法

こんにちは!皆さんの中で、自分が痩せ型で

体重を増やしていい体になりたいと思っている人が

いると思います。

 

 

自分も昔は結構痩せていて、体を大きくするのには

かなり苦労しました。

 

 

今回は健康的に太るための方法を

ご紹介していこうと思います。

 

まず、太るためには摂取カロリーを消費カロリーより

多くする必要があります。

 

 

ただ太るだけであるのならばこれだけ考えればいのですが、

これだけで太ると、ただの肥満になってしまいます。

 

 

健康的になるためには、これに加えて運動を

取り入れる必要があります。

 

 

有酸素運動とウエートトレーニングを交代で

週二回ずつ、全身を鍛えていきましょう。

 

 

よく、腹筋を割りたいから腹筋だけやるという人が

いますが、それだと腹筋は鍛えられても脂肪が

落ちないのでせっかく発達した腹筋が見えないという

残念な目にあってしまいます。

 

 

筋トレをバランスよく行った結果美しい体が

できるのであって、一部だけやればいいというわけでは

ないということをしっかりと覚えておきましょう。

 

 

痩せすぎで嫌な事

昔からあまり太らない体質でした。

 

食べればもちろんお肉はつくけれど、なにかと

思い悩みやすいタチなので、良くお腹を

壊してしまうため下痢して栄養全て出て

行くようなことが多いせいかもしれません。

 

それでふっくらとは縁のない体型の私は、

決して健康的には見えません。

 

弱々しく見えるし、もちろん胸もあまりなくて

痩せてて嬉しいなんて思えませんでした。

 

でも、多くの女性というのは痩せてる人を

羨ましく思うんですよね。

 

食べてるのに太らなくて良いなあ、

なんて良く言われるのが嫌でした。

 

お肉があまり身体についてないのも、それは

それで大変なのよ、と言いたいけど、言うと

痩せてるのを自慢してるみたいで嫌味になるから

それも言える人は限られるわけです。

 

痩せてる人には痩せてるなりの悩みがあります。

 

水着姿だって貧相になるし、冬なんて無駄な

肉がない分寒くて寒くて、風邪ひきやすいし。

 

年をとればとるほどに、痩せてるのも貧相に

見えるだけになってきますしね。

 

痩せてると、無駄に老けて見えるのです。

 

痩せてるからって良いなあと気軽に

言われたくないと思います。